抗ウイルス薬のゾビラックス【体内ケアでウイルス除去】

ピルの特徴

今後の動向についての予測

避妊をする方法としてはコンドームを使用する方法が一般的ですが、コンドームは男性側が装着して初めて効果を表すものです。そのため、男性が避妊具の装着を拒否した場合には女性は妊娠の可能性が高まり、望まない妊娠が増える原因にもなってしまいます。 そのような背景から誕生したのが経口避妊薬のピルです。ピルは女性が服用することで妊娠を防ぐことが出来るため、現在では世界各国の女性に幅広く使用されています。 開発当初は高用量ピルだったこともあり、様々な副作用が問題視されたこともありましたが、現在では低用量ピルが一般的となり、副作用の心配も少なくなっています。 また、最近では卵巣がんの予防や子宮内膜症の治療などにもピルが効果的であることがわかっています。

開発当初から現在までに様々なピルが発売されてきましたが、最近では緊急避妊薬も登場しています。 緊急避妊薬は、避妊に失敗したり避妊せずに性行為をしてしまった場合に、一定の時間内に服用することで妊娠を防ぐことが出来ると言うもので、モーニングアフターピルとも呼ばれているものです。 残念ながら日本でも性犯罪のニュースなどを時折耳にすることがありますが、そのような被害に遭った時にこそモーニングアフターピルを服用して妊娠を避けるべきです。 日本は他の国に比べると中絶手術を受ける人の割合が高いと言われていますが、現在では通販でもピルを購入することが可能なため、特に若い世代の場合は通販を利用して購入する人が増えていくのではないかと予測されます。